CHANNEL ORIGINAL

各種自然素材の紹介や住まい方を提案します

JAPANESE RED CEDAR 屋久島地杉


WE HAVE ANOTHER JAPANESE CEDAR AT WORLD HERITAGE

CEDAR という言葉―本来はマツ科のヒマラヤ杉属を示す名前です。一方で日本では「杉=JAPANESE CEDAR」と訳されますが、CEDAR はこれを含め広い範囲での針葉樹を表す「呼称」として使われるのが一般的になりました。 それぞれはマツ科とは植物学上全く別の樹種―日本の杉はヒノキ科スギ属、レッドシダーはヒノキ科クロベ・ネズコ属、イエローシダーヒノキ科イトスギ属、その他センダン科、イチイ科などにもCedar が使われます。 そしてその各樹種に共通する特徴は「香りが強い」「精油などの成分」「防腐性能」が含まれるなど。
いわばCEDAR は、木のもつ成分・特徴で結ばれた統一ブランドなのです。
そして日本の杉の中に、「もうひとつの国産杉」「もうひとつのCEDAR」がありました。それは屋久島地杉
屋久島-温帯に位置する島で、かつ2000m近い山々があるため空にダムがあると言われるほど1 年中雨が降る特殊環境。花崗岩が隆起してできた地質。その昔は豊臣秀吉が京都方広寺の大仏殿建立にも使用したといわれる良材の産地。更には、木の屋根である平木を年貢として納めていた歴史。そこに共通するのは「高い油分」「独自の含有成分バランス」に起因する「高い耐久性」「高い耐候性」「強度」
-この土地の地杉は「日本杉=JAPANESE CEDAR」でありながら、それとは別の「もうひとつの日本のCEDAR」と私たちは考えます。その特徴から「J.RED CEDAR>屋久島地杉シリーズ
-屋久島独自の環境が生み出すひとつ上の樹種性能からこのタイトルをつけました。各種製品でお客様にご提供することと共に、「世界遺産保全」「林業の活性化」と連携した独自のサプライスキームの構築も目指し、国産材を使う感動をお届けしていきます。

下記の動画「屋久島地杉PROJECT」は、是非フルスクリーンで「音有り」にてご覧いただきたいMOVIE仕上りとなっています。

 屋久杉 と 屋久島地杉
屋久島スギ原始林は1924年に天然記念物、1954年には特別天然記念物に指定されました。この中で「1000年以上」のものを「屋久杉」、「1000年以下」のものを「小杉」と呼びます。また1993年世界遺産登録されその面積は島全体の約21%です。
その理由は「自然遺産としての屋久島の価値は多くの人たちが暮らしていながらすぐれた自然が残っていること」「ひときわすぐれた自然美および美的な重要性を持つ最高の自然現象または地域」「陸上・淡水・沿岸および海洋生態系と胴植物群集の進化と発達において進行しつつある生態学的生物学的なプロセスを示す。」とあります。
その中で生態系の観点から本土の杉ではなく、屋久島由来の杉の植林が進められた結果30~70年生の植林木があります。
これが「 屋久島地杉 YAKUSHIMAJISUGI 」です。
屋久杉 YAKUSUGI 」 の呼称と混同されないようご注意ください。

屋久島地杉の特徴

 防蟻・防ダニ・リラックス効果をもたらす芳香などの有効成分が非常に高い

    ◆ 屋久島地杉は本土の杉と比べてα―セドロール含有量が高い
    ―この成分により内装材として用いた時は、気分を落ち着かせリラックス効果のひとつにもなる。(安眠・睡眠効率を高める効果)
    他にも精油成分にて室内のダニなどの繁殖を抑制する働きも考えられます。
    ◆ 屋久島地杉は本土の杉と比べてクリプトメリオン、β-オイデスモール含有量が高い
    ―殺ダニ効果、ダニなどの繁殖抑制効果が特に高い

 強度が高い (鹿児島県工業技術センターの試験結果)

鹿児島県工業技術センターの試験結果によると、杉のヤング係数は一般的(全国の平均)的には70-80ton1/cm2 であると言われていますが、
屋久島地杉の強度(ヤング係数)は90ton1/cm2 という高い結果になっています。
ヤング係数とは? 木材に加えられた「曲げの力」と、その時の木材の「縦歪みやたわみ」の程度の関係を表す数値のことで、数値が大きいほど(曲げ)強度が高い。

 全国平均のヤング係数
70-80ton1/cm2
屋久島地杉のヤング係数
90ton1/cm2

屋久島地杉デッキボード 節有

Deck Board
地杉の芯材のみを乾燥させ、再割したデッキ材です。

屋久島地杉の特徴は、油分の多さとそれに伴う耐久性、耐候性の強さです。デッキ材はこの特徴が最も有効に発揮します。また柔らかい色彩に日焼けそこからグレーへ経年変化をする特徴も持ち合わせています。
今までの杉・防腐処理材とは一線を画したエクステリア用材です。

規格 : 厚み35mmx幅105mmx長さ 2m / 3m / 4m
※価格・在庫状況や納期は都度お問い合わせください。
※屋久島に加工工場がありますので、ルーバーやポストなどを含めたエクステリアの様々な用途についてもお気軽にご相談・お問合せください。

Deck Board 施工例

屋久島地杉の床材・内装壁

リペアード・クリア Repaired Clear
床用、壁・天井用にご使用いただけるフロア材、パネリング材です。

ほぼ無節のクリアグレードを丹念に選び出しました。更にわずかな節などの欠点を丁寧にパテ埋めし、辺材特有の薄色をお楽しみいただけます。
幅、厚みなども各種取り揃えておりますので、インテリアの表情に合わせてお使いください。


リペアード・ノッテッィ(節有)Repaired Knotty
床用、壁・天井用にご使用いただける節有のフロア材、パネリング材です。

独特の赤色と白色が混ざり、地杉らしい野趣あふれる表情をお楽しみいただけます。小さな死節などは全てパテ埋めとし、埋め木などで丁寧に処理して提供しています。
モダンなインテリアにナチュラルな趣きを加えたり、ロッジテイストの自然なデザインにもマッチします。また赤みの部分は地杉特有のアロマを含み、リラックス効果も大きな製品です。


屋久島地杉の床材 ヘビーフローリング(節有)

Heavy Flooring
厚み30mm のヘビーサイズのフローリングです。

この厚みだからこそ実現する踏み心地、更に強度。ネダレス工法にも適しています。
幅広タイプを複数種類揃えておりますので、様々なデザインに採用が可能です。
例えば複数種類の幅をランダムにお使いいただくことで、より豊かな表情の演出をしていただくこともできます。

※主に床材ですがその他様々な用途にご活用いただけます。
※節部の欠点はパテ埋め、埋め木で処理してあります。
※価格・納期は都度お問い合わせください。


屋久島地杉のフリーボード Free Board
階段材、カウンター材など様々な用途にお使いいただけるフリーボードです。厚みも30mmと重厚感があり、様々なシーンにご採用いただけます。
※価格・納期は都度お問い合わせください。


屋久島地杉の柱・梁 構造材プログラム


屋久島地杉を用いた構造材プログラムです。
丸太の選別からはじまり丁寧な乾燥工程を経て、柱・梁などの構造材をお届けします。地杉特有の強度と安定性、そして「地域材ブランド」としての付加価値をお客様のプロジェクトにお役立てください。

※仕上り105mm角ですが、ご要望により90mm角、120mm角も可能。
※価格・納期は都度お問い合わせください。

屋久島地杉 製品化プロジェクトが目指すもの


次世代の地域材ブランド構築を! 

屋久島林業の歴史と課題-
それは「天然資源保護」だけではない、現代の林業共通の課題を含んでいます。
実は、人工林である屋久島地杉はそのほとんどが「製品」としてではなく、丸太やチップ用材としてのみ搬出されるという深刻な状況を抱えてきているのです。

そんな中「屋久島の地杉を製品化して島外に広く広めよう」
「それによってこの島の林業を活性化し、将来的には製材業含めた林業の自立も目指そう!」という声があがりました。
山・製材所の方たちのそんな強い思いからこのプログラムはスタート。
そして様々な課題を乗り越えて製品化プロジェクトが実現したのです。

恒久無限のサイクルを構築する為の有限資材の活用、そして還元を!

屋久島地杉を製品化することは、環境への負荷ではなく、再生であることを強く認識して取り組んでいきます。
そしてこのプログラム実現を目指した関係者全員の思いをサプライチェーンの確立と森林への具体的な還元によってお客様と「共有」することを目指します。
その「森とお客様の繋がり」そのものが新たな地域材ブランドになっていくと思うのです。

ご不明な点につきましては、下記の各種問合せボタンからお気軽にご連絡ください。

サンプル・カタログ請求
request more
 御見積依頼・各種問合せ
contact us