CHANNEL ORIGINAL

建築資材で環境共生社会の実現を目指す

第83回 施工例レポート

「北陸営業所」 開設

2020年5月13日(水)、富山県入善町に新営業所「北陸営業所」がオープンしました。
オープン後も少しずつ工事は進められ、7月に完成。
そして梅雨明けの晴れた夏の日、絶好の撮影日和に新社屋を写真におさめることができました。

当事務所の設計をしてくださった、南川祐輝建築事務所の南川様。
お話を伺ったところ、設計に対するイメージや想いをお話してくださいました。

――――――――――
富山県入善町の穏やかな田園風景の中にこの建築は佇む。
設計をする際に最も留意したことは「何もしない」、ということ。
この風景に恣意的なデザインはそぐわない。
周囲に対してなるべく違和感がないように、ふわりと舞い降りたような木の建築をイメージした。
一般的な四寸勾配の屋根を持つ外観でありながら、東西30mを越える建物の長さと廻りに列柱をまとった姿は
かすかに宗教的な雰囲気を醸し出す。唯一表現したことは、木が持っている「生命」に対する畏敬の念である。
――――――――――

木が持っている「生命」に対する畏敬の念というのは、南川様のチャネルに対する想いだそうです。何と有難いお言葉でしょう。

その想いは、樹脂サッシ部分に木製格子を組む、天然石をランダムに配置するなどといったことで、天然木の繊細さを細部まで表現し活かされています。

敷地入口にあるコールテン鋼を使用した看板には「OPEN×NYUZEN」というロゴを入れました。
このワードには3つの意味が込められています。
地元入善町に対して開かれた建築物である事。
お客様に対して開かれた事務所である事。
そして、新事務所を北陸エリアに。という弊社のチャレンジ精神です。

この事務所をきっかけにまた、自然素材・木の外観が多くの方に広がり、良い出来事がたくさん起こるよう願って―――。

たくさんの方にご協力いただいた新事務所。材料もチャネルらしさをふんだんに使った、いわば体感型の事務所となりました。

使用材・樹種などの詳しい情報は下記をご覧ください。

■採用商品

【事務所棟】
外壁:ウイルウォールベベルクリア特注品 18×156x6F~14F乱尺 無塗装
釘:ダブロックネイル連結釘
軒天:ウイルウォールT&Gパネルクリアスクエア
デッキ:屋久島地杉
窓枠・窓格子:WRCクリアデッキ 2×6
フロア:事務スペース/スプライスフロア チェリー
展示スペース/スプライスフロア オーク
大会議室・廊下/北海道産マカバ 春風クリア色塗装
小会議室/北海道産クリ節有 春風クリア色塗装
DK/北海道産ニレ 春風クリア色塗装
キッチン・収納:インパクト 扉面材 ヨルドエルム
壁:天然スタイル土壁、漆喰クロス

【A棟】
外壁:ナチュレウォールシルバーパネル 2×6板 シッケンズセトールHLSeクリア色塗装

【B棟】
外壁:屋久島地杉節有り特注品 20x45x4000mm 無塗装
防水シート:ウルト サーモファサード2SK
気密テープ:ユラソールマックス
ビス:ASSYプラス A2トップヘッド AW10