CHANNEL ORIGINAL

各種自然素材の紹介や住まい方を提案します

チャネル通信 第77回

~らしくないクリニック

 

チャネル通信 第77回「~らしくないクリニック」

チャネル通信 第77回「~らしくないクリニック」

チャネル通信 第77回「~らしくないクリニック」

愛知県・岡崎城の北に位置する旧街道沿いに計画された医院併用住宅(建替え)と付属施設である。敷地は奥に長く、当時は街道沿いに診療所(築100年近い)が建ち、その奥には青々と茂る竹林と雑木林が広がっていた。

計画当初から施主の要望は「患者のストレスを和らげる医院ができないか?」「従来の医院スタイルは温かみに欠ける」「我が家のように迎えてくれる医院が良いのでは?」と明確だった。この要望に対し早くから方向性が見つかり

キーワードは「らしくないクリニック」・・・に決まった。

まず外観は、とても清潔感があるとは言い難い「濃い土色」をした表面の粗い左官仕上げのため板張り(レッドシダー)との相性も良く、とても豊かな表情となった。

それを一枚の大屋根で覆うことで患者たちをあたたかく迎える佇まいが出来上がった。

内部も木と左官仕上げによる待合からは、竹林と川辺をイメージした庭が眺めることができ待ち時間でもストレスなくゆったり過ごせる和みの空間となった。

こうして新しくなった医院は慣れ親しんだ旧診療所とは様変わりしたが「よそよそしくない」良い意味での変化を遂げた。

■建築概要
建築場所:愛知県岡崎市

建築面積:238.67㎡(付属施設12.12㎡含む)

延べ床面積:375.98㎡(付属施設10.92㎡含む)

竣工時期:2018年5月

構造:木造

階数:2階建て(付属施設は平屋)

■ご採用商品
外壁:ウイルウォールT&GパネルクリアナチュレウォールT&Gパネル

玄関ドア:ナチュレウォールT&Gパネル

内部天井:WRCパネリングクリアグレード

チャネル通信 第77回「~らしくないクリニック」

チャネル通信 第77回「~らしくないクリニック」