CHANNEL ORIGINAL

各種自然素材の紹介や住まい方を提案します

チャネル通信 第73回

CROSS LINE モデルハウス










 
日本海と鳥海山を望む自然豊かな町、秋田県由利本荘市。

「北国の暮らしを明るく豊かに」をコンセプトに住い造りに取り組んでいる
コンセプト住宅、『クロスライン』です。

私たちが大切にしていることは 3 つ
一.「快適でランニングコストを抑えた温熱環境」
一.「厳しい冬を前向きに暮らす工夫のあるプラン」
一.「人も家も長寿命に導く素材と性能」
それらをものづくりの基礎に据えて、造ったのがこちらのモデルハウスです。

デザインコンセプトとしては「住まい手が自分らしさを足すための余白」を美しく残すこと。
例えれば、仕立ての良い白いシャツがどんな小物やコーディネートも魅力的に見せるよう
な、良質な素材によるプレーンな空間を目指しました。

床材は北海道産のナラ無垢フローリング<春風チョコレート塗装>
節や色むら、本物だからこその不均一さの調和が魅力的で、
ほんのり熱を含んだときの乾いた感じの足触りの良さが何とも言えない心地よさです。
この一年間でご来場された殆どの皆様から言われます。「この床いいですね」
そしてこう答えます、「足の裏が一番正直で敏感なセンサーですよ」と。

塗壁材はコットンウォール
人体に無害なだけではなく、空間の質感をぐっと高めてくれる名脇役です。
マッドなアイボリー色が落ち着きと安心感をもたらしてくれます。
木・石・鉄の建築材だけでなく、家具や絵までも引き立ててくれます。
素材自体の魅力、ディテールが良ければ、意図的な意匠は必要ないとさえ感じます。

木製玄関ドア、外装アクセントにはナチュレウォールシングルパネルを採用。
無機質な印象になりがちな鋼板サイディングに有機的な温もりを与えてくれます。

オーダーキッチンのジェヌインは
墨色のウレタン塗装はステンレスとの相性もよく、インテリアの一部としても
目を引きます。木の空間を引き締める黒・・素敵です。
そして細部まで行き届いた造りには、職人さんの誠意と手仕事の良さが伝わってきます。

こっそりと使用しているのはアイアン製の手摺受け。しっかりと木の手摺を支えてくれています。
黒のシックなデザイン、白い壁、チョコレート色の手摺との相性もばっちりです。

あまりに自然で、言わないと見落としがちなデッキポーチ。
あえて経年変化をしたような工夫を施しています。
黒い外壁、シングルパネルの自然なレッドシダーの色、大開口の黒い窓枠、
それらのバランスをうまくとっています。

材料について思うこと・・
自然素材を扱うということは、時間も労力も必要とします。
そもそも素材自体が時間をかけて育まれたことを考えれば当然かもしれません。

自然素材の魅力は、「人に安心と活力を与えてくれる」
「手入れをすれば時が経つほどに魅力を増す」
そんな心の豊かさを大切にしたいと思うこの頃です。

自然素材を理解し、
更に素敵な言葉で素材の良さを伝えていただき、
チャネルオリジナルにとって、これほど嬉しいことはありません。

■建築概要
用途:モデルハウス
建築場所:秋田県由利本荘市
建築面積:57.97㎡
延床面積:115.94㎡
構造:木造軸組
階数:2階

■ご採用商品
外壁:シングルパネル
内装:北海道産ナラ節有フロア、コットンウォール
階段:ホワイトアッシュ巾ハギフリーボード
玄関:木製玄関ドア(FYD)
キッチン:ジェヌインキッチン
アイアン製品:手摺、ペーパーホルダー