CHANNEL ORIGINAL

各種自然素材の紹介や住まい方を提案します

チャネル通信 第17回

現場名:houseN様邸






 
敷地は閑静な田園地帯の真ん中にポツンと佇んだ場所で気持ちの良いロケーション。
計画敷地は両親の住む住宅の隣にあって平屋建てのため、敷地が十分な広さであることも含めボリュームのコントロールを考え平屋建ての計画として進めました。

結果、高さを控えたカタチで一部分だけ2階建てとなった。

計画はシンプルな三つのヴォリュームの異なる直方体の空間を連結したプランで、それぞれには機能に合った適切な高さ広さを与えた。

そして連結したことによって生まれる余白の部分が自然に、内部・外部・半外部・半内部といった形で繋ぎ合った計画となっている。

また外部を無垢の板を縦張り素地で仕上げ、スクエアな外観にもかかわらず温かみのある印象となり経年変化を重ねてより味のある住宅を目指している。

内部はにあっても洗練され過ぎないように意識し、無垢材を使用しながらスッキリとした、しかし温かみのある空間構成を意識したものとした。

■建築概要
現場名:HOUSEN様邸
建築場所:愛知県
用途:専用住宅(木造2階建)
敷地面積:368㎡
延床面積:136㎡

■ご採用商品
外装:ウイルウォールT&Gパネル(節有)
デッキ:ウエスタンレッドシダー
室内フロアー:レッドパインフローリング(春風イカスミ色)