CHANNEL ORIGINAL

各種自然素材の紹介や住まい方を提案します

チャネル通信 第44回

現場名:水ヶ江の家





 

佐賀城址からほど近い場所に建築された住宅です。
閑静な住宅地の中で、木製の外壁が存在感を示しています。

初めの画像は竣工当時、2009年の写真です。
塗装を施して、新築ながら落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

「経年変化」

木材の特徴を表現する時によくつかわれる言葉です。
2番目3枚目の写真は2012年、竣工後3年目の様子。

シンボルツリーが育つのに合わせて、外壁も同じように
育って(経年変化して)います。

建築家でもある施主の宮崎さんは言います。

「本物の木だからこその色の変化、
予想もつかない色に変わっていくのが楽しみです」

そして4枚目以降は2017年、竣工後8年目の様子。

2009年よりさらに味わい深い色に変化してきています。

「木と時間だけがデザインできる質感」を
これから先も楽しむことができる住宅です。

◆建築概要
設計:エムデザインスタジオ
用途:一般住宅
建築場所:佐賀県佐賀市
階数:2階
竣工:2009年7月

◆ご採用商品
外壁:ウイルウォールT&Gパネルクリア 塗装品