CHANNEL ORIGINAL

各種自然素材の紹介や住まい方を提案します

チャネル通信 第23回

現場名:さとこまき調剤薬局 ~癒しの空間を持つ薬局~








 

2009年度 グッドデザイン賞 受賞
平成21年度 日事連建築賞 奨励賞受賞
第3回 愛知県建築士事務所協会建築賞 会長賞受賞

設計者の思い
さとこまき調剤薬局は、愛知県一宮市郊外の美しい田園風景の緑の中に建っています。

田園風景が美しいこの土地には、それに相応しいボリューム、フォルム、素材、カラーがあると考えています。建築はある時、突然そこに存在するのだからその土地や街並みに敬意を払って存在すべきだと思っています。

薬を受け取ってからすぐに帰宅してもらうのではなく、その場で寛いでもらえるようにお年寄りや子どもたちのために畳スペースとカフェスペースを併設しました。

それにより、お年寄り、身体の不自由な人、子どもたちとのエリアを分けることができ、それらを心理的な苦痛から開放してあげることができると考えました。

開口部を木製建具のガラス戸にして外界の景色を美しく見せる工夫がなされています。天井は連続した構造梁と杉の野地板、壁は米杉の羽目板と木チップの紙クロス、畳の脇に間接照明が施されています。

マウンドスロープは、畳スペースから駐車場や道路を隠すブラインド効果があり、俗界へと繋ぐ視覚を遮断します。

調剤薬局さんの中にはいると、やさしい木の香りがします。周りに溶け込ん出入るのに、とても存在感たっぷりの建物だと、感じました。昼と夜の、異なった表情をみせてくれます。

■建築概要
構造:木造平屋建て
敷地面積:499.50㎡
建築面積:124.20㎡
延床面積:99.96㎡

■ご採用商品
外装:ウエスタンレッドシダー T&Gパネル(節有)
内装パネリング:ウエスタンレッドシダー(無塗装・クリアグレード)