CHANNEL ORIGINAL

各種自然素材の紹介や住まい方を提案します

J.WILL WALL

外装材が着火しない、燃え広がらない
国産材ウイルウォールの生産を開始しました!

J.WILL WALL
全国から厳選したこだわりの品質と日本の美 ジャパンドットウイルウォール

日本初・そして唯一「裏当てなし」「木材単体」の仕様で各種防火関連認定を取得したウイルウォールに国産材・杉バージョンが誕生しました。在来工法による防火構造の国土交通省認定を取得しています。自然素材による外観が消えてしまった日本の街並み、そして日本の伝統美としての日本の木によるデザイン-それを復活させるべく開発されたのが J.WILL製品です。大壁・真壁共に準防火地域の延焼の恐れのある部分に天然木を「裏あて・下地なし」で使えます。デザインパターンも4種類から選べるのも魅力です。天然木に防火機能を加えた認定商品を「ウイル」薬剤処理をしていない製品を「ナチュレ」と呼称しています。どちらも厳選された天然木をベースとしています。


ウイル/ナチュレウォール
(防火対応/防火未対応)
唐松
ナチュレウォール
(防火未対応)
焼杉
ナチュラルシリーズ
(防火未対応)

火災から守る
天然木を特殊加工することにより実現した「延焼を防ぐ木製外壁構造」。仮に火をあてられたとしても、その部分が特殊な炭化層を形成し、燃え広がりを防ぎます。さらに、有害なガスを発生させることもありません。この性能により、外壁防火構造試験に合格し、国土交通省の正規認定を受けています。「延焼の恐れがある部分にも使える」-天然木製外壁です。

厳選素材による耐久性能+ウイルテクノロジー
J.WILLには「厳選された杉」だけを使用します。「杉」そのものの耐久性能は樹種群でみるとヒノキやレッドシダーより「1ランク下」。しかしそれは「どういう品質の製品か」によるのです。J.WILLは「芯材=赤み」を厳選して製品化。更にWILLに処理された「防火成分」は同時に「防腐」の役割を果たしています。つまり「厳選素材+ウイルテクノロジー」のふたつで耐久性を担保しているのです。

通気性・調湿性に優れている
「裏あて不要の防火性能」だからこそ実現した「呼吸する外壁」。木の裏側に不燃ボード等をあててしまうと、「通気性が無くなり」、「木がかびる・腐る」原因になるばかりか、自然素材ゆえのメリットが全て消えてしまいます。その点、ウイルウォールであれば、通気・調湿性はそのまま活かされているので、内部結露などを防ぎ、建物に優しいのです。

メンテナンスしやすい
「長寿命住宅」を考えるのであれば、外壁は軽量な方が、建物への負荷が少なくて済みます。また、将来、メンテナンスできるものを選んでおかないと、初期コストがいくら安くても、結局高い買い物になってしまいます。「木」であれば、「部分修復」が可能で、しかも、「環境」に対して「ローインパクト」で再生され続けます。何10年に渡り、地球環境に優しく、しかもローコストで建物の意匠を保てるのです。

経年美
天然木の最大のメリットはこの「経年美」。「変色」=「劣化」はウイルウォール・ナチュレウォールにはあてはまりません。新築時の美しさから、5年・10年・20年と時を経るたびに味わい深さをます美しさ。「時間」だけが可能にするその美観は、その建物を将来「ビンテージハウス」と呼ぶにふさわしい「財産」になるはずです。

日本に受け継がれてきた木製外壁。各地域・産地で生まれた自然素材の美しさ、経年美を弊社のウイルウォールとナチュレウォールのブランドにのせてご提案します。
日本全国から厳選したこだわりの品質と日本の美をご覧ください。

杉 ウイル/ナチュレウォールシリーズ

ひとくちに「杉」といっても、産地・素材によって表情・品質は様々です。チャネルの厳選した杉の外壁は、下記のような特徴があります。
赤みが多い=杉の防腐効果・耐候性発揮 ● 節の数が少なく、サイズも小さい
天然乾燥材という手間暇をかけたこだわりが生きている商品です。




唐松 ナチュレウォールシリーズ


ジャパンナチュレの唐松外壁材は厳選された赤み部分と人工乾燥(KD:Kiln Dry)により安定した品質を実現しました。
唐松は乾燥しにくく、またそのプロセスで節も抜けやすいといわれています。
節穴は全て埋め処理を施すなど、全てがハイバリューの商品です。

jnaturewall_karamatsu_channelsiding
jnaturewall_karamatsu_tandgpanel

焼き杉ナチュラルシリーズ


表面を焼いた時に残る炭化層の形跡が全てに柔らかく残っていることで、独特の風合いと日本らしさが表現されています。焼き杉本来の炭色に、様々な表現処理を施した商品です。
※商品表面に触れると炭が手につく場合があります。
※塗装をしていない商品「素焼き」「サンド仕上げ」は表面の炭色が退色します。
※受注生産につき、納期についてはお問合せください。

jnaturewall_yakisugi

ジャパンドットウイル・ナチュレウォールをご使用にあたっての注意点

(01)本商品は天然木ですので下地にて完全防水してください。
(02)商品によって、ラフ面(粗面)が表の場合と、スムース面(平滑面)が表の場合がありますのでご注意ください。
(03)防腐性能の高い銅縁を使用した通気工法で施工してください。
(04)本商品は天然木ですので、軽微な割れ、曲がり、節抜けは天然木の特性上避けがたい点につき、クレームの対象となりません。
   施工前にそういった部分を除去してから取り付けてください。
(05)木材内部の抽出成分である「灰汁」が、木口・表面からにじみでる場合があります。
   金属、モルタル等に付着した場合「汚れ」「しみ」「部分的な損傷」などにつながる場合がありますので下記点にご留意ください。
   ※土台水切り・下端部の見切りなどには「ガルバリウム」の使用は避けてください。
   木材の抽出成分によって表面塗膜が損傷する場合があります。(ステンレス推奨)
   ※モルタルなど他部材との併用の場合は、見切り部に十分な幅の水切りを確保するか、
   1階部木、2階部モルタルにする等、木部が「上」に位置しないよう設計上の工夫をしてください。
(06)釘は防錆スクリュー釘(ステンレススクリュー釘)をご使用ください。
(07)焼き杉ナチュラルシリーズは、表面の炭化層にふれると炭が付着します。(特に素焼き・素焼き塗装)取扱いにご注意ください。
(08)塗装にあたっては、油性・水性ステインなどをお奨めします。
(09)ご発注量としては、有効面積の15%を歩留まりとして積算してください。
(10)施工方法は弊社の「 ウイル・ナチュレウォール 施工要領書(PDF)」をご利用ください。
   焼き杉ナチュラルシリーズにつきましては、別途こちらの「 焼杉 施工要領書(PDF)」もご参照ください。
(11)役物などの部材については、弊社までお気軽にお問合せください。


今回のJ.NATUREプロジェクトには、国内の様々な業者の方にご協力いただきました。単なる「国産材量を目指した量販」の枠を越えて「良い品質の国産材商品を世に広める」というプライドと気概を持った全国のサプライヤーの方たちにより、これらの商品は支えられていきます。産地の皆様また写真を提供いただいた建築家の方々に改めまして深く感謝申し上げます。そして、この製品にご興味をお持ちいただいた方には「木製外壁」というカテゴリに対する弊社の想いを少しでも感じていただければ幸いです。
施工例・協力設計事務所・協力業者 前川建築設計事務所、倉元たつひこ建築計画室 他

ご不明な点につきましては、下記の各種問合せボタンからお気軽にご連絡ください。

サンプル・カタログ請求
request more
 御見積依頼・各種問合せ
contact us