CHANNEL ORIGINAL

各種自然素材の紹介や住まい方を提案します

チャネル通信 第37回

現場名:丁寧な平屋











 
リビング&ベッドルームだけの潔い間取り。
毎日を丁寧に暮らすための、丁寧に作られた平屋です。
ここは、福島県いわき市にある平屋の一軒家。「こちらに来る前は、新宿に住んでいました。せっかくなら大自然の中がいいなと思って土地を探していました」と言うKさんご夫婦は、分譲住宅地にありながら山々を見渡せるこの場所を選ばれました。

外壁には、匠の塗油で仕上げたウイルウォールチャネルサイディングを使用。黒色の木製外壁の質感が、周囲の風景と調和しながら景観を引き締めます。

光や風、季節の移ろいを感じられる暮らし。

玄関をくぐった引き戸の先には、奥行きのあるリビングが。リビングの大きな窓の前には、木々が生い茂る風景が広がり、その先の斜面の向こうにはずーっと遠くまで空が続いています。眺望の良い周囲の自然と、一体になったような空間に仕上がっているのは、平屋ならでは。リビングの大きな窓からは、毎日の時間や季節によって移ろう景色を楽しめます。

家の中心は幅11m×奥行き4mほどの広々としたリビング。床材には杉を使用。

窓を開ければ室内とひとつづきになるウッドデッキ。日当たりも、眺望も抜群。
ディティールへのこだわり

丁寧な平屋は、余計なもののない無駄を排した空間を保つために、ディティールにさまざまな工夫が詰め込まれています。リビングとフラットにつながる玄関や、窓を開ければ室内と一続きになるウッドデッキ、浴室のドアや縦長の大きな窓といった作りが、空間に広がりもたらします。

引き戸で隔てたフラットなリビングと玄関は、シームレスに行き来できる。タモ材でつくり付けたサイドボードから玄関まで、空間がすーっと伸びているような感覚。

リビングの壁の裏側に位置する寝室は、クローゼットを壁一面に沿わせて、ベッドのみを置いた贅沢な空間。

壁は真っ白ではなく、ちょっと柔らかなアイボリー。シンプルなデザインの洗面台ですっきりと。

木の表情をいかしたキッチン回りの収納は、すべて造り付け。タモ材を使用。

脱衣所から見た、リビングと浴室。リビング側の左の壁はゆるやかなカーブを描いています。
壁材はチャフウォール(原料100%天然素材(ホタテ貝殻)の内装材)。

家全体と庭がつながり、光や風をいつも感じられること。ワンフロアだから、大きな窓や、つながるリビングダイニングで広がりのある設計ができること。手の届く範囲にすべてが揃い、日々の掃除・片付けなど、住まう人に優しいこと。
今でも住居のスタンダードとされる2階建てとの比較の中で、「平屋のくらし」のメリットを再確認させられる、そんな現場でした。

■建築概要
用途:専用住宅
建築場所:福島県いわき市
敷地面積:435.43 ㎡
延床面積:109.45 ㎡
構造:木造在来軸組工法
階数:1階建て
設計・施工:住宅工房そら (田中建設工業株式会社)
写真家:平 昌典
竣工時期:2013年8月

■ご採用商品
外装:ウイルウォールチャネルサイディング(防火構造PC030BE‐0059)
レッドシダー (匠の塗油1回塗り)
造作材:タモ巾ハギ材