CHANNEL ORIGINAL

各種自然素材の紹介や住まい方を提案します

チャネル通信 第09回

自然を五感で感じる住宅をコンセプトに!





 

社長の想い
流行ではなく、五感で自然を感じる住宅。例えば雨の次の日に玄関に出れば、外壁に使用した木が雨によって表情を変え、木の匂いが辺りに漂う自然の暮らし。朝起きて床に足を着く時に、感じる柔らかい無垢の肌触り。家の中でいつでも新鮮な空気を吸う事の出来る環境創り。自然素材ならではの「温かい・優しい」空間の家で、生活・子育てをする事は人間にとって原点なのでは無いでしょうか。そうして暮らしの中で、優しい人間・温かい人間になり、歳を重ねる事で味わい深くなる人柄の様に。住宅も同じなんですよ、外壁の木が20年後・30年後・・50年後と年を重ね、経年変化によって「味わいの有る住宅」が出来上がるんです。住宅は建築当初が100点では無く、年月を経て味わいの有る住宅に成るんです。と言う想いで御施主様と向かい合って設計・施工されています。

ウイルウォール採用のポイント
今回の建てる地域が準防火地域(燃える木を張る事が許されていない地域)だった為に準耐火構造(国土交通省から認められた認定)が採れている木の外壁(ウイルウォール)を採用して頂きました。採用するにあたり、古くから多くの木の住宅が立ち並ぶ湘南エリアを見に来て頂き、木の腐れ・カビ・収縮・経年変化・デザインを実際に見て頂き安心して頂き、御採用して頂きました。

お施主様の感想
木を外壁に使うことで、見た目がとても優しい家に出来上がりましたよね。外に出てみても木の香りがとても良い感じです。室内でも本物の木を使っているので、素足で歩いても温かいんですよ。本物の木に囲まれて生活出来るので、子供の生活環境にもとても良い感じがしますね、触れたり・見たり、感じる木の感覚が良いですね。
お施主様にも五感で木の温もりを感じて頂き、満足して頂ける物件に仕上がりました。

■建築概要 
自然を五感で感じる住宅をコンセプトに!
敷地面積 :115.59m2
構造 :木造
階数 :2階+デッキ
建築面積 :59.49m2
述べ床面積 :103.63m2

■ご採用商品
外装 :ウイルウォール T&Gパネル(節有り)
デッキ :ウエスタンレッドシダー
玄関ドア :木製玄関ドア(チーク)
室内・フロアー :1階(パイン)2階(チェリー)
室内・階段 :パラオーク
室内・羽目板 :ウエスタンレッドシダー
室内・巾木 :ポプラ
室内・換気システム :スエフロー